FC2ブログ

ISAMU WEBLOG

学習院大学演劇部 『少年イサム堂』 についてお伝えします!

今回の他己紹介では鶴田雄大くんを紹介します。
鶴田君は一言でいうと、コミュ力の塊です。新歓でも彼の勧誘力はダントツトップでした。ちなみに彼はツイッター大魔神という二つ名を持っているのでみてみると、とても面白いですよ。

自分にとって、イサム堂とは変わらない場所みたいな感じです。大学だと専攻とかで友達と違う道を行くけど、部活の仲間は変わらないので、いいことだなと最近感じます。皆さんも部活等に入っていい仲間を作ってください。
2018.05.07 14:26 | 部員紹介(2018) | トラックバック(0) | コメント(-) |
古瀬さんから紹介を頂きました。どうも森武です。なにを暴露されたかヒヤヒヤしていますが、それはさておき、僕はこの部活で『間違いなく一番かわいい』3年男子ともいえる宮治翔くん(通称みやしょう)を紹介したいと思います。

宮治くんは、森武が自信をもって推せる3年生男子で一番かわいいベリーベリーキュートな男の子です👨

華奢で可愛らしい容姿の彼は、女子力がかなり高めで、自分で作ったシフォンケーキを僕にくれたり、バレンタインにはみんなに生チョコを配ってくれたり、さらにお家では、料理や家事をきっちりこなしたりと、もはや女子じゃないかと思うくらいの女子力を持ちます。部活でも教室でも常にニコニコしていて笑顔を絶やさず、愛くるしい仕草で、周囲の男子たちに癒しを与えてくれます。

しかしその可愛さとは裏腹に、富士山山頂で野宿したり、2合の米を一食で平らげたり、いざというときはみんなを引っ張る頼もしいリーダーになってくれたりと、ワイルドで男の子らしい一面も持ちます。

実は、2年前に僕がイサム堂に入部するきっかけになったのは彼で、ガイダンスで偶然知り合った彼に連れられて、僕は演劇部に入部しました。

入ってすぐの頃は、演劇自体興味があまりなかったので(←)演劇のことは全然分からないし、イサム堂もよくわかんねーなぁー位に思っていましたが、活動に参加して、役者をやったり、小道具の仕事を担当したりするうちに、今まで知らなかった演劇という世界がどんどん見えてきて、あぁ演劇って奥深いんだなーと感じるようになっていきました。

僕にとってイサム堂はスルメみたいなもので、噛めば噛むほど味の出てくる面白い場所だと思います。

新入生のみなさんにも、イサム堂というスルメの味を知ってもらって、そしてその味を気に入ってもらえたなら、僕としてこれほど嬉しいことはないかなと思います。

それでは僕の話しはこの辺で失礼します。
2018.05.07 14:14 | 部員紹介(2018) | トラックバック(0) | コメント(-) |
はじめまして!
鮎澤さんからご紹介にあがりました3年の古瀬夕美香です!

わたしが紹介するのは、同じく3年の森武優介くん!
1525666175880.jpg

彼はお顔のパーツパーツが整っているので新入生のみなさんも割とすぐ分かると思いますよ。
後輩からは「もりちゃけ」「ちゃけ」という愛称で呼ばれてなかなかに親しまれてます。(本人的にはあんまり納得してないみたいだけど…)
後輩の面倒見もよくて、イサムの中では一見まとも(一見)なので是非皆さん話しかけに行ってみてください。

彼とは昨年度の9月公演「降り注ぐ百万粒の雨さえも」で共演したんですけど、難しい殺陣めちゃくちゃ頑張ってた。うん。

わたしにとってイサム堂は、「第二の家」です。
でもこれはきっとわたしだけが思ってる事じゃないと思います。イサム堂はみんなにとって第二の家のような存在だと思います。
アトリエに入ったらいつも誰かがいて、寝たりうだうだしたり話したり、それぞれの時間を過ごしていますが、何故か家にいるような落ち着きがあるんです。
大学生は人生の夏休みとか言われているけど、大学生は大学生で一生懸命生活してるんです。
朝から難しい授業受けてバイトして、、。
でもアトリエに来ると、イサムのみんなに会うだけでなんだか安心する。
新入生の皆さんにとってもイサム堂がそんな存在になればと思います。

長々と失礼しました…!
最後に一つ。
イサム堂に入ってくれてありがとう!
イサム堂なら、大学生活の最高の思い出きっと作れますよ!!!
2018.05.07 13:51 | 部員紹介(2018) | トラックバック(0) | コメント(-) |
こんにちは〜\コンニチハ/

則松から超絶プリチーでご紹介いただきました(と思いたい)、あゆざわです。よろしくね。


私が本日ご紹介する方はこちら\デデン!/

1525576206754.jpg



古瀬夕美香(ふるせゆみか)ちゃんです!
(今は髪を切って、写真よりもショートヘアになってるんだよ〜)

ゆみかちゃんはイサムのお姉さん、いや…"お姉様的存在"でアトリエをパッと明るくしてくれます。

先輩同期後輩どの代ともすぐ仲良くなれるコミュ力の持ち主です。特に後輩ちゃんからの人気は抜群!
ド陰キャのあゆざわは、そんなゆみかちゃんを、木の影に隠れて、遠くから見つめることしかできません…(仲良しです)。

公演では
主にキャストとして舞台で素敵な演技を披露してます!町娘から40のババァまで幅広い層を演じきってて、いやぁ…すごいよ、本当にすごい。また持ち前のセンスで衣装メイクとしても大活躍です!

あとはトークエピソードが独特すぎて、話を聞いてて楽しくて仕方ないですね!なんでそんなネタたくさん持ってんの!?ってなりながら笑ってます。
ゆみかちゃんが話し始めると、気がついたらみんな集まってきて、ゆみかトークショー状態ですからね…あの話術と豊富なネタが羨ましい限り。


うおぉ…このまま話し続けてたら朝日が昇ってきてしまいそうなので、ゆみかちゃんの紹介はここまでにします。
気になる方は是非アトリエに来てみてね!ね!!


さて続いて、「あなたにとってイサム堂とは」について。

なんか、情熱◯陸みたいな質問ですね笑笑。
そうですね〜、私にとってイサム堂は"縁が集う場所"ですかね(ちょっと格好つけてみた)。

大好きな部員たちとの出会いはもちろん、演劇という世界、いろんな縁がこのイサムで巡り合ってるな〜と日々思います。

このブログを読んだのも何かの縁!
少しでもイサムに興味を持った方は、富士見会館401演劇部アトリエに来てね!ね!!!

ではでは、ゆみかちゃんに〜〜バトンターーーッチ!
以上、あゆざわでした!
2018.05.06 12:31 | 部員紹介(2018) | トラックバック(0) | コメント(-) |
土岐から紹介頂きました、日文科3年の則松菜々と申します!いいことだけを書いてくれと願うばかりですね!!

さて、私が紹介するのは法学部法学科3年の鮎澤沙南さんです。皆は「あゆざわ」と呼んでいます。「あゆちゃん」「沙南ちゃん」って呼んでる子も稀に居るので、お気に入りの呼び方を見つけてみましょう。ちゃん付けするほどしおらしくもないと思うんですけどね(偏見)。

曲者揃いの演劇部の中でも、鮎澤は特に面白い子で、よく馬鹿話をしています。誰とでも楽しく話せるところは、とても羨ましいです!
私は最近一緒に仕事することがあったのですが、そこで鮎澤は「芯のある強い子」とも感じました。考えたことをきちんと言えて、周りのこともよく見ているので、非常に頼りになります。

楽しくて仕事面でも頼りになって、ついでに美人という、よき先輩ですよ!おすすめです!!


私にとってイサム堂とは「出会いの場」です。去年と同じこと言ってるんですけど、後輩が出来ると「こんな自分も居たのか」という出会いもありました。
色んな人がいる演劇部で、自分も成長出来ますよ。ぜひ楽しんでください!

ではでは、鮎澤にバトンタッチです~。
2018.05.06 12:31 | 部員紹介(2018) | トラックバック(0) | コメント(-) |